メモ

鋼材性能

鋼材手帳要らず 「形鋼・鋼管 断面性能検索サービス」をPHP+MySQLで作ってみました
http://blog.56doc.net/Entry/138/

エクセルでいろんな材料で比較計算とかやってみるときに、便利そう。
手書きで表を作ったりpdfで、というのはいくらでもあるけれど、画面からコピーすると並べ方がぐちゃぐちゃなのかうまく順番通りに取り出せません。
その点、プログラムで吐き出しているからか、見た目の通りにエクセルに貼り付けできます。

作者の人も、断面性能値はJISとか信頼できるページ、資料から入手したと思うんですが、それ自体は入力していくしかなかったと思うので、その手間のことを想像すると余計にしびれます。

素晴らしいです。
スポンサーサイト

バッチファイルでフォルダの中のファイルを一つにつなげる

タイトル通りです。

会社でいくつかのテキストファイルを、1個にまとめたいんだけど...と言われて簡単にできそうなできそうでないような不思議な感覚に陥りました。

確かバッチファイルでできたような、と思いつつ2分で見つからなかったので諦めて、Vectorで誰か作ってるだろ、と思ってそれっぽいのをダウンロードして解凍みたら「setup.exe」が出てきて嫌になって、その場はおとなしく、一つ一つテキストファイルを開いてコピーして新しいテキストファイルに貼り付けて済ませました。

ファンヒーターのエラー

ファンヒーターは、説明書が見つからなくなった頃に故障します。今回は三菱E4でした。
ダイニチだけ、メーカーの対処情報がネットにありました。

三菱 ファンヒーター エラー
ダイニチ ファンヒーター エラー
ダイキン ファンヒーター エラー
コロナ ファンヒーター エラー

たまに分解して修理する剛な人いますけど、待つ、掃除する、修理出すあたりの対応が現実的な気がします。ただしほぼ修理費>>新品購入費です。

テキストエディタApsalyでPascalファイルの構文強調表示を設定する

タイトル通りです。

テキストエディタは、ずっとPeggyPadを使っていたんですが、印刷設定を簡単に切り替えることができるので、最近はApsalyを使っています。

構文強調表示もついていて、かなり好きなんですけど、なぜかPascalの設定が標準じゃついていない。
あまりソースファイルを開くこともなかったんですが、Lazarusを触り始めてC++の構文強調表示でごまかすのもさすがに違う感じになってきたので、少しまじめに設定して見ることにしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。