Lazarus

Delphi6 Personal

Windows10にDelphi6 Personalをインストールした。
Delphi10を入れたけど画面がフラットデザインで使いにくいし、ノートパソコンで使う気にならなかった。
やっぱりDelphi6はいい。

Lazarusも何やかやと触れてないけれど、これを機会にDelphiを思い出したい。

今は亡き C Magazine の付録CDと、ずっと持ってたアップデータがここにきて役に立つとは。
最初の起動で、使用許諾コードを求められてぞっとしたけれど、Embarcaderoのサイトで新規の発行ができたので問題なし。

Embarcaderoのアカウントも求められたけど、ちょうどDelphi10をインストールするのに必要で取得したところだったので結果オーライ。

あとは、新しいWindowsと古いDelphiが喧嘩しなければうれしい。
とにかくコンパイルが爆速で幸せ。
スポンサーサイト

Lazarusでテキストビューアを作ってみる Loogaroo(1)

しばらく前に使っていたノートが起動しなくなって、しょうもない作りかけのプログラムのソースコードごとお亡くなりになって、助け出すのも面倒なので、放置状態です。
で、更新頻度が激落ちだったんですが、心機一転してみることにしてみました。

こんな感じで。

Outlookのメールアイコンが出てたらメッセージを表示したい Notifire(7)

TImageListの中身をファイルに保存したり戻したりすることについて。

今まであまり使ったことのないTImageListに苦しんでいる日々ですけど何か。
ちょっと雰囲気が見えてきたのでこのままTImageListを使ってどうにかしたいと思います。で、操作のナチュラルさも含めてうまく行ったとして、少なくともメールのアイコンを保存したくなります。
そうなると最低1つのアイコンというか画像を保存したらいいんですけど、どうせTImageListにキープしてるんだから、TImageList.SaveToFile的なものはないのかと探してみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。